経営アドバイス・コーナー

セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、医療の分野で、担当医とは別の医師に診断内容や治療方法について意見を求めることです。
医療の分野では、既に常識といわれているセカンドオピニオンが税務の分野でも広がっています。
親の代からなど昔からの付き合いで地元の税理士に顧問をお願いしている、それが鹿児島県の実情です。
若い経営者が顧問の判断に疑問を感じ、別の税理士に意見を求めたり、相談する事例が増えてきています。
そこで、当事務所では、経営者の方々が複数の意見から最善の選択をしていただけるようにセカンドオピニオンサービスの提供をスタートいたします。
詳しくは、当事務所までご連絡ください。